医療で美しくなる

エステティシャン

美容医療を受ける前に知っておく心構え

美しくなる事を医療の力で叶える事ができる美容整形は、非常に多くの施術方法がありますのでどれが自身に適しているか悩む事になります。施術のタイプは大きく分けて2つに分けられますので、効果とリスクも含めて検討していく必要があります。美容整形外科クリニック等で受ける事ができますが、名称は各々違っています。ビューティークリニックや美容クリニック等様々ですが、美容医療を扱う機関であれば違いはありません。施術の方法は悩みと状態、希望に応じて医師が提案してくれます。自分で全て決めるのではなく、医師と一緒に決めるので安心です。施術タイプには永久効果型と期間限定型に分けられます。永久効果型はメス等を用いた切開術等の手術を行う内容です。腫れや内出血等のダウンタイムは長いですが、その後効果は永久に続きます。期間限定型はプチ整形とも呼ばれ、施術時間の短さやダウンタイムの短さが特徴ですが、最大の特徴は元に戻す事ができるという事です。プチ整形で試し、気に入ったら永久効果型を選択するという事にも利用できます。気軽にでき副作用もなく、ダウンタイムがほとんどない施術方法としてボトックス治療があります。ボトックス治療は注射するだけの内容で手術でないと得られなかった美容効果を得る事ができます。薬剤は医療現場で治療薬として使用されていたものなので、副作用の心配はなく世界中で活用されています。

美容目的でボトックス治療を受ける場合は、一般的な病院ではなく美容整形外科クリニックに受診する必要があります。美容目的の医療施術は保険適用外で自費診療になります。施術を受ける際にはいくつか守るものがあります。美容整形外科クリニックは治療と表現しますが、医師が決めるのではなく利用者が決めます。自己決定を尊重しますが、医師には説明義務や希望を叶える為に尽力する義務があります。ボトックス治療だけを考えて受診する事や、頑なに他の治療を検討しない事は思わぬ副作用を招く事にも繋がるので注意が必要です。医師は状態や希望に応じて最適な治療方法を提案します。ボトックス治療は万能な治療方法ではないので、状態や希望によっては他の治療方法の方がリスクも少なく希望に沿う事も多いです。美容整形外科クリニックに受診する際は、ボトックスだけではなく他の方法も含めて医師と一緒に考えていくという気持ちが必要です。ボトックス治療は副作用のない安全な治療薬であるボツリヌストキシンを注入します。それでも医療薬なので、他の薬との関係や既往歴によって控えるべきである事もあります。安全に受ける為には医師に隠さず服用薬や既往歴も伝える事が重要です。医師は施術を安全に行う努力をしますので、利用者側も最大限の努力が必要です。