エイジングの強い味方

注射器

しわ取りや部分痩せができる施術

しわ取りの美容施術として知られているボトックス注射ですが、どのような仕組みでしわがなくなるのかご存知でしょうか。ボトックス製剤には筋肉の動きを緩慢にする作用があるため、表情筋に注射することで筋肉の動きを弛緩させ、表情の動きに合わせたしわをできなくするのです。また、笑いジワのように表情筋によってできるしわは、年月とともに深く刻まれていくものですが、早めにボトックスでしわができるのを止めておけば、深く刻まれることもなくしわの予防ができます。効果は注射をしてから10日から2週間で表れ始め、3か月をピークに効果が弱まっていきます。半年ほどするとほぼ元の状態に戻るため、効果を持続するためには定期的に注入することが大切です。一般的には3か月から半年に1度のペースで行いますが、長く続けるほど注入する量も少なくて済むようになります。副作用においては、頭痛や赤み、かゆみなどが表れることがありますが、時間の経過とともに軽減していくでしょう。注射部位に内出血の副作用が出た場合も、1週間から10日で目立たなくなります。美容整形外科によっては、2回目、3回目と定期的に注入する場合は、割引料金で施術が受けられるサービスを提供しているところもあります。

美容整形にあまり興味がない人でも、ボトックス注射のことは耳にしたことがあるでしょう。プチ整形の先駆け的な存在で、メスを使わずにコンプレックスを解消できる施術として人気があります。特に、30代以降の女性に高い支持を得ており、エイジングの強い味方として注目されている施術でもあります。従来の美容整形は、メスを使って切開したり、骨を切ったりして気になる部位を治療していましたが、注射をするだけでしわ取りや部分痩せ、小顔矯正などができるのが魅力です。施術時間も30分程と短いため、仕事帰りや買い物のついでなど、気軽に受けられるのも人気に拍車をかけています。そして、ボトックス注射は副作用が少ないことも人気の秘密といえるでしょう。大掛かりな手術にはそれに匹敵するほどの副作用が懸念されますが、ボトックス注射は重い副作用も報告されておらず、安心して受けられる施術です。ボトックス製剤においても、厚生労働省から認可を得ている信頼性の高い薬剤です。その他にも、ボトックス注射は効果のピークが過ぎると元の状態に戻るため、仕上がりが気に入らなくても再手術する必要もありません。美容整形がどんなものか試してみたい人が、最初に受ける施術としても適しています。