安全性の高い整形手術

注射を打つ人

術後・術前の注意

注射を打つだけでコンプレックスを解消できるとして、ボトックス注射は美容意識の高い女性に高い支持を得ています。そんなボトックス注射を受けるうえで気をつけるべきこととしては、どのようなことがあるのでしょうか。まず一番にあげられるのが、ボトックスの施術を受けることで予想される副作用ですが、かゆみや赤みなどマイナーな症状が表れることはあるものの、大きな副作用は確認されていません。経験の浅い医師による施術では、注射した部位が内出血することもありますが、2週間程で自然に消えてなくなるためそれほど気にする必要はないでしょう。むしろ、気をつけないといけないのは術前・術後のケアです。術前の注意としては、妊娠中や妊娠する予定がある人、全身性の筋肉の病気がある人は受けてはいけないことです。また、まれにボトックス製剤でアレルギー反応を示す人がいるので、アレルギーがある場合は注射するのは避けた方が良いでしょう。術後の注意としては、注射した部位を強くこすったり揉んだりしないことです。刺激を与えると内出血をすることもあり、思わぬ副作用を引き起こすことになりかねません。気になって触ってしまいがちですが、できるだけ触らないようにしましょう。

ボトックス注射といえば、しわ治療や小顔矯正に利用されることが多い施術です。しかし、その他にも部分痩せやわきが治療など色々な症状を改善することができます。しわ治療においては、表情筋にボトックスを注入することで筋肉の動きを止め、笑いジワなど表情によるしわを防ぎスムーズな肌へと導いてくれます。小顔矯正においては、筋肉性のエラに注入すると筋肉が衰えエラが小さくなり、シャープなフェイスラインになります。部分痩せにおいては、ボトックス注射をすると筋肉を委縮させることができるため、ふくらはぎなど筋肉が発達している部位の部分痩せに効果があります。小さくしたい筋肉部位に注射すると、徐々に筋肉が小さくなっていき、スリムなふくらはぎを実現することができるでしょう。わきが治療においては、わきにボトックス注射をするとわきの神経伝達機能がマヒするため、汗を排出するというシグナルが送られなくなり、汗を止めることができます。臭いの原因となる汗をかかないため、わきがを改善できるのです。ボトックス注射はもともと副作用の心配が少ない美容整形でありますが、注入量をコントロールすることでよりナチュラルで安全な施術となります。副作用を避けるためには、経験豊富な医師のもとで適切な治療を受けると良いでしょう。